これからはsimフリースマホの時代

docomo端末のsimフリー化スマホ活用

2016年06月14日 15時41分

docomoのsimフリースマホを使っている。
いや、正確に言うと、docomoでsimロック解除してもらい、simフリー化したスマホを使っている。

そもそも、私はソフトバンクで長年お世話になっている。
けれど2年以上も前から使っていたソフトバンクのスマホはしょっちゅう電源が落ちるなど調子が悪くて買い替え時となった。
これを機にMNPで乗り換えか?しかし個人的に3大キャリアの、長年のユーザーを軽視するやり方には不信感があった。
「3大キャリア以外でどうにかできないかな。」と思っていたとき、MVNO(仮想移動体通信事業者)の存在を知った。
これは試してみる価値がある!そう思い、とびついた。
なるほど、docomoの端末なら、simフリーでなくても使えるらしい。
さっそくネットオークションにて格安でdocomoのスマホを手に入れた。MVNO側との契約も済ませ、利用開始。
すぐに自分にはこれで十分との結論を得た。とりあえず通話は050プラスなどのIP電話で代用できる。
ソフトバンクを解約してこれ1本にしよう、そう思っていた矢先、問題が浮上した。
それは、長年慣れ親しんだ『キャリアメール』の壁。
いくら、昨今の連絡手段がLINEになろうとも、自分世代にとってメールはまだなくてはならない連絡手段。
『キャリアメール』を使えなくなるのは痛い。
gmailをメインに使うとして、先方から受け取る分には問題ない。けれどこちらから送る場合、迷惑メール対策として先方が〝パソコンメール受け取り拒否〟の設定をしていたら連絡がつかなくなってしまう。
『キャリアメール』を今すぐ捨てるわけにはいかない。しかし、機種変更してソフトバンクの新たな縛りを受け入れるつもりもない。というわけで考えた。
〝gmailを認知してもらえるしばらくの間だけ、ソフトバンクを生かしておこう。〟と。
そういうわけで、こと切れる寸前のソフトバンクのスマホからsimカードを取り出し、MVNOで使うつもりだったdocomoのスマホをsimロック解除してもらい使用することに。電話はすぐにそのまま使用できた。細かな設定が必要だったが、いろいろと調べてソフトバンクのキャリアメールもdocomoのスマホで送受信することができるようになった。
余ったMVNOのsimはwifiルーターで使用。通信も問題ない。
ソフトバンクのプランは通話とメールのみ不自由ない程度の最低のプランにし、現在に至る。

結局、ソフトバンクのsimをsimフリー化したdocomのスマホで使っていることになる。
はじめからこのような使用法を考えていたわけではなかったが、案外気に入って使っている。ワンセグ、赤外線、おサイフケータイなど〝全部入り〟なので不足がない。はじめからsimフリー端末を別途購入しようとすると、これらの機能はほぼないが、docomoのアンドロイド端末を〝simフリー化〟することで『全部入りのsimフリー端末』が出来上がる。

しばらくはこれでいこうと思う。docomo端末のsimフリー化、意外におすすめである。